ディズニーランドはスカートでも大丈夫?乗り物でダメな服装と注意点を調査!

ディズニーランドはスカートでも大丈夫?乗り物でダメな服装と注意点を調査!

ディズニーに行くときにどんな服で行こうか悩みますよね。

ましてや、デートで行くなら「可愛くオシャレしてスカート履いていきたいな。」なんて思う方も多いはず。

けど、スカートってアトラクションに乗る時大丈夫なのかな?

そんな疑問も抱きますよね。

そこで今回は、ディズニーはスカートでも大丈夫なのかを調査していきます。

\ 年末年始買取10%UP&ボーナスキャンペーン実施中! /

\ ディズニーグッズはなんでも買取! /

▲▽他店で断られた品物も相談してみて!▽▲

目次

ディズニーグッズを高く売る最新情報

\ 手数料無料!ディズニーグッズなんでも買取!/

たった60秒で簡単無料申し込み!!

>>公式サイト:https://justy-consul.com/

ディズニーランドはスカートでも大丈夫?

ディズニーは、スカートで行っても大丈夫です。

ジェットコースターなどの絶叫系のアトラクションも、そこまで激しい動きはしないので、基本的に「スカードだと乗れない」というアトラクションはありません。

また、ディズニーのジェットコースターは「荷物をロッカーに預けるのではなくて、足元か手前の荷物入れにいれる」タイプなので、足元が覆われているつくりなのでスカートでも問題はありません。

ただ、注意が必要です。

それは、アトラクションに乗り降りするときです。

ボート系のライドだと、またぐときに足をあげないと乗れないのでそこの点は注意しましょう。

あとは、降りるときもスカートだとめくれあがってしまうこともあるので、乗り降りの際は自分の後ろ姿もチェックするようにしましょう。

ディズニーランドでダメな服装は?

ディズニーランドでは、ダメな服装もあります。

それがコチラです。

  • 過度な露出
  • 全身仮装(こども及びハロウィン期間以外)

それぞれ、紹介していきます。

過度な露出

東京ディズニーリゾート公式サイトからの、「服装についてのお願い」でこのような記載があります。

  • 他のゲストを挑発する、また他のゲストの迷惑となる恐れがあるもの
  • 好ましくない単語やデザインの刺青露が出しているもの
東京ディズニーリゾートhttps://www.tokyodisneyresort.jp/

これに該当するということで、過度な露出はNGですね。

パークの雰囲気を壊してしまったり、老若男女たくさんのゲストの方がいるため皆さんが快く快適に過ごすためです。

入園にふさわしくない服装や刺青等は、やめましょう。

全身仮装(こども及びハロウィン期間以外)

こちらも、東京ディズニーリゾート公式サイトの「服装についてのお願い」でこのように記載されています。

  • キャラクターや出演者、キャスト(従業員)と間違える可能性のある服装
  • 中学生以上の方の全身仮装(ハロウィーンの仮装では個別ルールを設ける場合があります。)
東京ディズニーリゾートhttps://www.tokyodisneyresort.jp/

キャストの仮装などをして、ゲストの方が間違えて声をかけてしまったりと混乱を招く可能性があるからです。

ハロウィーン期間は、キャラクターの服装をしてもOKです。

また、小学6年生まではいつでも仮装ができますよ。

服装のルールを守って楽しく遊びましょう。

ディズニーランドの乗り物にスカートで乗るときの注意点

ディズニーのアトラクションに乗る際のスカート別注意点を紹介します。

スカートの種類はコチラです。

  • ロングスカート
  • 短いスカート
  • タイトスカート

それぞれ、説明していきます。

ロングスカート

ロングスカートで行くときの注意点は、アトラクションに乗り降りする時に裾を踏んでしまう可能性があるということです。

特に、一段低くなっている場所では高確率で踏んでしまいますよね。

アトラクションから降りるときに裾を踏んでしまい、転んでケガをしてしまえば大切な楽しいパークでの1日が台無しになってしまいますし、気分も落ちてしまいます。

そして、「ホーンテッドマンション」や「バズライトイヤーのアストロブラスター」など乗り降り時にライドが止まらないタイプの場合だと、転んでしまうとアトラクション全体を停めてしまう恐れがあります。

なので、乗り降りの際は注意しましょう。

短いスカート

短いスカートは、ロングスカートのようにアトラクションの乗り降りのときに問題はありません。

しかし、階段の上り下りや地面に座ってパレードを待っている時などにパンツが見えてします危険性があります。

最近は、シンデレラ城の前の広場で寝そべって記念撮影やTikTok撮影をしている女性の方が多いですよね。

下着が見えないようにスカートの下にはインナーパンツを履くようにしましょう。

タイトスカート

タイトスカートを履いていくときの注意点としては、あまりにもピタッとしすぎのものだとアトラクションに乗り降りしにくいという点です。

タイトスカートをディズニーにはいていきたい時は、行く前に日常的な動きが問題なくできるかどうかを確かめてから行くといいですよ。

そして、ディズニーランドにあるアトラクション「カルーセル」は足を開いて乗ることはおそらくできないでしょう。

それ以外なら、問題なくアトラクションは乗れると思います。

タイトスカートを履きたい時は、ストレッチの聞いている動きやすいのが良いでしょう。

ディズニーランドで冬にスカートをはきたい場合の対策

冬のディズニーでスカートを履きたい時の注意点としてはコチラです。

  • 裏起毛のレギンスやタイツを履くこと。
  • ショーやパレード待ちのときのためにひざ掛けを持参する。

今は、裏起毛の毛布を履いているようなタイツがたくさん売られているのでそちらを履いたらスカートでも暖かく入れますよね。

例えば、このような商品があります。

是非、スカートを履いていきたい場合は防寒対策をしっかりしてから行きましょう。

ディズニーランドでの大人向けスカートコーデ♪

ディズニーでの大人向けスカートコーデを紹介します。

押さえておきたいポイント
  • 動きやすさ

 東京ディズニーランドは、東京ドーム約10.9個分の広さを誇ります。

 各アトラクション毎の距離も思ったより長いので、動きやすい服装は外せないポイントです。

  • 写真映え

 ディズニーの世界観が作りこまれた街並みは、どこをとっても素敵な1枚になりますよね。

 そんな、華やかな街並みに負けない写真映えする服装を選ぶこともポイントです。

  • ディズニー要素

 定番の服装として、ミッキーなどのキャラクターが描かれたパーカー・Tシャツなどがおススメ。

 お気に入りのキャラクターをコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか?

それらを踏まえたコーデはコチラです。

ディズニーではスカート以外にズボンもおすすめ

可愛いスカートコーデもいいけれど、パンツコーデもおススメ!

パンツコーデは動きやすさ抜群です。

パンツはスニーカーとの相性も抜群ですので、1日動き回っても疲れないオシャレなコーデが完成しますよ。

パンツコーデなら上記で記載したような、アトラクションの乗り降りのときに気にする必要もなくなりますね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ディズニーにはスカートを履いていっても大丈夫なのかどうか調査しました。

基本、どのような服装でもアトラクションにのれるので自分の好きな服をきて目一杯遊びましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\ 年末年始買取10%UP&ボーナスキャンペーン実施中! /

\ ディズニーグッズはなんでも買取! /

▲▽他店で断られた品物も相談してみて!▽▲

「ディズニーランド スカートでも大丈夫」を検索する人がよく思う疑問4選

ディズニーランドに着て行ったらダメな服は?

全身仮装、過剰な露出、白衣、キャストと同じ服、仮面、警察官のコスプレなどはNGです。

ディズニーシーではタトゥーは禁止ですか?

ディズニーリゾートでは、タトゥーを完全に禁止することはありません。

ディズニーランド 雨だとどうなる?

通常のパレードは中止になりますが、その代わり雨の日限定のパレードが行われます。

ディズニー スペースマウンテン どうなる?

2024年に現在の施設が運転を終了して、3年後の2027年にオープンする予定です。

ディズニーグッズを高く売る最新情報

\ 手数料無料!ディズニーグッズなんでも買取!/

たった60秒で簡単無料申し込み!!

>>公式サイト:https://justy-consul.com/

ディズニーグッズ買い取り関連記事
あわせて読みたい
ディズニーグッズ買取おすすめ店舗7選|買取相場の比較や高く売るコツを解説 小さい子供から大人まで幅広い年代に愛されているディズニー。 たくさんのグッズも展開されていますよね。 そんなディズニーグッズですが、気づけば家にたくさんありま...
あわせて読みたい
ディズニーグッズはリサイクルショップで買取できる?買取相場と専門店を調査! みなさん大好きなディズニー。 気づけばたくさんのグッズがお家にあるのではないでしょうか。 「置く場所に困ってきたな・・・。」 「どうやって処分したらいいんだろう...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次